交渉の基本を知らない人が多すぎる!意外と知らない5つの基本テクニック

20210427

社会に出ると、様々な場面で交渉が必要になってきます。
しかし、意外と年齢を重ねた人でも交渉の基本を知らない人が多いのです。

交渉の基本を知らないと、有利な条件で契約をする事ができなかったり、相手に都合の良いように契約を結ばされてしまったりする可能性が高まります。

そこでこの記事では、契約の基本となる5つのテクニックについて、詳しく解説していきます。

交渉はビジネスの基本

冒頭でも解説したように、交渉というのはビジネスの基本中の基本となります。
交渉ができなければ、一方的に相手の要求をのまされてしまう可能性が高くなるため、ビジネスマンとしては失格になってしまうのです。

逆に交渉テクニックをしっかりと身に着けることができれば、手ごわい顧客とも有利な条件で契約を結ぶことができたり、本来の価格よりもかなり安い値段で商品やサービスを購入したりすることができるようになるのです。

交渉の基本テクニックって一体何?

では、交渉の基本テクニックとは一体何なのでしょうか。

提案はいくつか用意する

まずは、提案をいくつか用意するという事です。
中には、
「○○円安くします」
というような、価格だけの提案しか用意していない人がいます。

しかし、相手が必ずしも安くしてほしいと思っているとは限りません。
人によっては、
「オプションをつけてほしい」
「アフターサービスをつけてほしい」
と思っていることもあるのです。

このようなことから、事前に様々な内容の提案を用意しておくことで、相手に刺さる内容を提示して有利に交渉を進めていくことができるようになるのです。

基本的な人間心理を理解する

そして、基本的な人間心理を理解するという事も大切です。
例えば、相手が警戒している時に、
「安くします!」
「別のサービスも付けます!」
と言っても、あまり響きません。

むしろ、
「よっぽど契約を取りたいんだな」
と必死さをうかがわせてしまうことになります。

そのため、相手がこちらの製品やサービスに対してどう思っているのかという事をあらかじめ理解した上で、相手の心理状態に合わせて交渉をしていくことが大切なのです。

相手へのメリットも提示する

交渉をする時に、有利な条件にしたいという一心で、自分の特になるようなことばかりを提示してしまう人がいます。
しかし、交渉をする時というのは、常にWIN-WINの関係を意識しなければなりません。

そのため、相手へのメリットを提示しながら、こちらの要望を飲んでもらえるように交渉していくことが大切になるのです。

信頼関係を構築する

そして、相手との信頼関係を構築するという事も大切です。
交渉をする時というのは、お互いの信頼関係が物を言うと言っても過言ではありません。

例えば、初対面の相手から、
「安くするからこのサービスを買いませんか?」
「オプションをつけるから、この製品を買ってくれませんか?」
と言われても、答えはNOですよね。

どれだけ製品やサービスの質が高くても、相手のことを信頼できていなければ、交渉を成功させることができないのです。

相手によって交渉の度合いを変える

交渉の基本テクニックというのは、どの場面でも使うことができますが、交渉の内容というのは相手によって変えていくべきです。

初対面の相手に、大幅な値下げ要求をしてしまうと、
「それは難しいです」
と即答されてしまうでしょう。

しかし、ある程度交流があり、信頼関係がある人であれば、多少無茶を言ったとしても女権を飲んでもらえる可能性が高くなります。
また、仮に大幅な値下げが難しかったとしても、代替案を提示してくれる可能性が高くなるため、有利な条件で契約できることがあるのです。

交渉の基本を理解するとどうなる?

では、今紹介したような交渉の基本をしっかりと理解することができると、一体どうなるのでしょうか。

商談がぐっと楽になる

まずは、商談がぐっと楽になります。
交渉スキルや知識が全く身についていない状態だと、価格や内容についての交渉が始まったときにあたふたしてしまいます。

これが相手に伝わってしまうと、相手の勢いに飲み込まれてしまい、一方的に条件を飲まされてしまう可能性が高くなってしまうのです。

しかし、ある程度の基本テクニックを身に着けておけば、相手の無茶な要求を上手くかわし、尚且つ自分の希望する条件を盛り込んでもらえる可能性が高くなります。

プライベートでも使えるスキルとなる

交渉と聞くと、ビジネスシーンを思い浮かべる人が多いと思いますが、プライベートでも使うことができます。
例えば、
・車を買う
・家電を買う
という時です。

交渉テクニックがしっかりと身についていれば、より良い製品をお得に購入できる可能性が高くなるのです。

まとめ

交渉というのは、大人の世界では当たり前のことですし、これができないとビジネスやプライベートで損をしてしまう可能性が高くなります。
しかし、意外と正しい交渉テクニックを理解できている人は少ないです。

そのため、もう一度初心者に立ち返り、今回紹介したテクニックをしっかりと頭に入れつつ、実際の交渉シーンで実践してみることをおすすめします。

交渉

Posted by admin