交渉はビジネスの基本?交渉が苦手だとどうなっちゃうの?

20210305

社会人になると、様々な場所で交渉をする必要が出てきます。
例えば、
・仕事
・大きな買い物
・賃貸物件の契約
などです。

とはいえ、中には交渉が苦手という人もいるでしょう。
そこでこの記事では、様々な交渉を成功させるコツと、交渉ができないことで発生してしまうデメリットについて、詳しく解説していきます。

交渉が苦手な人の特徴は?

まずは、交渉が苦手な人の特徴から、詳しく見ていきましょう。

人からの評価を気にしている

他人からの評価を気にしている人というのは、交渉が苦手な傾向にあります。
なぜなら、
「交渉したら図々しい奴だなと思われるかもしれない」
「交渉したら失礼な奴だと思われるかもしれない」
と、様々なことを想像してしまうからです。

交渉が悪いことだと思っている

そして、交渉が悪いことだと思っている人も、当然ですが交渉に苦手意識が出てしまいます。
しかし、交渉というのは決して悪いことではありません。

むしろ、お互いが満足できる所まで条件を相談することができるため、WIN-WINの関係を構築できる可能性が高くなるのです。

ビジネスにおいて交渉が苦手だとどうなる?

では、ビジネスにおいて交渉が苦手だと、一体どうなってしまうのでしょうか。

高い値段で取引することになる

相手からサービスや製品の購入を求められた場合、交渉を一切しないと提示価格で買わされてしまう事になります。
ただ、製品やサービスの売り手というのは、価格交渉をされる前提で値段を設定しています。
つまり、若干高い値段を提示してきている可能性が高いという事です。
こう聞くと、
「悪質だ」
「詐欺だ」
と思う人がいるかもしれませんが、これはビジネスの原理原則ですので、全く悪いことではありません。

むしろ、一切交渉をしない方が悪いという事もできるのです。

ビジネス相手として舐められる

交渉をしないで製品や商品を購入すると、ビジネス相手として舐められる可能性があります。
一切交渉せず、言い値で製品やサービスを購入した場合、
「あの人なら高い値段でも購入してくれるな」
と思われてしまう可能性が高いのです。

ビジネスの交渉を成功させるコツは?

では、ビジネスの交渉を成功させるコツとは一体何なのでしょうか。

相手との信頼関係を築く

まずは、相手との信頼関係を築くことが大切です。
相手との信頼関係をしっかりと構築することができていれば、比較的スムーズに交渉を成功させられる可能性があります。

代表的なのは価格交渉です。
営業マンとの信頼関係が築けており、相手も自分のことを信頼してくれていれば、
「多少割引をしてもいいかな」
と考えてくれるでしょう。

しかし、ほとんど信頼関係が築けておらず、上辺だけの付き合いになってしまっている場合は、
「大幅に価格を下げるくらいなら、別のお客さんに営業しよう」
と思われてしまうのです。

そうなってしまうと、ちょっとした交渉でさえ突っぱねられてしまう可能性があります。
そのため、まずは交渉云々の前に、しっかりとコミュニケーションを取りつつ、信頼関係を築くようにしましょう。

あくまでもWIN-WINを意識する

交渉の意味や方法をはき違えている人の中には、
「自分が有利になるように交渉したい」
と思っている人がいます。

しかし、これではどれだけ相手と信頼関係を築けていても、交渉を成功させることができなくなってしまいます。
大切なのは、
交渉=WIN-WIN
という認識を持つことです。

お互いにメリットのある交渉内容にすることができれば、相手も喜んで条件を飲んでくれるでしょう。
例えば、
「〇円安くして欲しい」
という交渉ではなく、
「○○というサービスを省いてもいいから、○○円安くしてほしい」
という交渉をすることで、相手の理解を得やすくなるのです。

メールよりも直接会って交渉する

交渉をする際は、できるだけ相手と直接会って行うことが大切です。
中には、メールで相手と交渉をしてしまう人もいます。
特に交渉が苦手な人は、相手と直接会話をしないメールを選択しがちです。

しかし、メールやチャットというのは、どうしても文章だけでのやり取りになってしまうため、相手の捉え方によっては不快に感じさせてしまう可能性があります。
そうなってしまうと、交渉がうまくいかなくなってしまいますので、できるだけ直接会って交渉をする事をおすすめします。

まとめ

交渉というのは、ビジネスの基本となります。
交渉ができないと、高い値段で購入させられてしまったり、不利な条件で契約させられてしまったりする可能性が高まります。

そのため、今回紹介したことを参考にしながら、WIN-WINの関係になるように、積極的に交渉をしていくことをおすすめします。

ただ、交渉スキルを磨くためには場数が必要ですので、いきなり思い通りの交渉ができるわけではありません。
そのため、まずは失敗を恐れずに値下げ交渉や、契約内容の交渉などに挑戦してみることが大切です。

そうすることで、少しずつ交渉スキルを上げることができ、高い値段で買わされる、不利な条件で契約させられるという事が少なくなるでしょう。

交渉交渉

Posted by admin