【交渉に役に立つ知識】バーナム効果(Barnum effect)

バーナム効果とは、「誰にでも当てはまりそうな曖昧な内容を、さも自分だけに当てはまっていると錯覚してしまう現象」を表す心理学用語です。(バーナム効果は、別名「フォアラー効果」とも呼ばれています。)

例えば、「あなたは気丈に振舞っていますが、実は心のなかで不安を抱えています。私には分かるのです」など、インチキ占い師・詐欺師・霊能者がいかにも使いそうな常套手段が、バーナム効果の悪用例です。

また、バーナム効果の最も有名な例では「血液型占い」が挙げられます。

一つ面白いエピソードなのですが、
作家である松岡圭祐氏の公式サイトには、以前 血液型性格判断のページがありました。そのページの最後に「この性格判断は当っていると思う?当たっていないと思う?」の二択アンケートが行われ、常時8割以上の人が「当っていると思う」と答えたと言います。そして、この血液型性格判断の結果は、血液型に関わらずランダムで表示されるものでした